#35 「ラトビアの立春祭」



Metens /Auļi

ラトビアのバグパイプ&ドラム 10名編成される民族トランスバンド「アウリ」が、立春祭メテ二のストーリーを音楽と共に動画で紹介しています。映像のストリートと合わせてお楽しみください。


Budēļiとは穀物畑に住んでいると言われている豊かな土地や安産、妊娠の精霊のことを表します。毎年秋に農業を営む人々は五穀豊穣の神であるJumisを捕まえるため、特別な儀式を行い、捕まえた後、冬の間はJumisを寝かし付けました。 2月に行われるMETENI(メテ二/立春祭)は五穀豊穣の神Jumisを再び目覚めさせるお祝いなのです。このお祝いの中で、Budēļiが姿を現わすことは春の到来が近いということを意味します。Budēļiの姿形は「土地を目覚めさせるBudēļiなのか」、「人々を目覚めさせるBudēļiなのか」によって異なります。

畑を耕し、植え、刈り取る作業は昔から男性の仕事とされてきました。そんな理由からBudēļiの衣装は男性のみ着用することが出来ます。 メテ二では、Budēļiは家から家へ、農場から農場へ、畑から畑へ様々な儀式を行いながら、畑、家畜、人々に恵みと繁栄をもたらすのです。


典型的なBudēļiのお面、衣装は裏表を反対にした毛皮のコートです。帽子には木くずや顔まで垂れ下がった布ひもなどで装飾された円すいかた型の麦わら帽子を被ります。またBudēļiは大きな様々な荷物と一緒にカラフルな糸で括られた棒や枝の束を運びます。そして杖で音を立てながら歩きます。ベルトからは鈴(ベル)もしくはニンジンと2つの玉ねぎをぶら下げます

各家々に入る際、その家庭に住む女の子や若い女性に向かって歌を歌い、言葉を残し、彼女達を棒や枝の束(安産、多産を意味する)を使い叩きます。Budēļiは家庭内の人々の活力(精力)をテストするために様々なゲームも行います。

棒や枝の束で叩かれる儀式は、若い女性が一対の手袋を買うことの対価として自由を買う。または、リボンや糸を棒や枝の束に結び付けるまで続きます。

棒や枝の束で叩かれる人々(女性)は、一年間健康であり、活力に溢れ、子供を宿すこともあるかもしれないと言われています。

全ての仕事に実りある結果をもたらし、特に若い女性には秋頃に夫となる人と出会えるかもしれないという期待(願掛け)も含まれています。


人々は家や畑に幸せや祝福をもたらし、生命力を活性化するBudēļiの到来を待ち焦がれ、が家を訪れた際には多くの美味しいもてなしをします。が家を離れる時間になると、その家の人は彼らに食べ物を渡します。


全てはBudēļiが持つエネルギーやパワーと家々が持つ物との等価交換、循環なのです。 ■アウリ 情報

〇日本語ウェブページ https://chillout-harmony-fields.ssl-lolipop.jp/a-auli/index.html

〇オフィシャルHP http://www.auli.lv/en

〇YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/c/AuliEtnotranss/videos?view=0&sort=p&shelf_id=0 Instagram