NORDIC MIDUMMER FESTIVAL

​AT HOME 2020

約4時間22分のフェスティバル全編映像

Introduction

ラインナップ紹介動画

出演者「こんにちは」編

ARTSITS LINEUP

※​ 各アーティストが、このイベントの為に1曲演奏収録した番組になります。

This is a program that summarizes the movie of each musician playing one song for this event.

​from SWEDEN

Göran Månsson

​ヨーラン・モンソン

四代に渡る伝統音楽演奏家の家系で、幼い頃から伝統音楽を聴いて育つ。8種類以上のリコーダー、フルート、ホイッスルなどを使いこなす。スウェーデン国内だけではなく、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、北欧各国の音楽学校でもフォークミュージックを教えている。2010 年よりハヴェロ村で「フォークフルートアカデミー・ハヴェロ」夏期講座を開催。「故郷を音楽で復興する」活動が認められ2018年文化賞を受賞。

A family of traditional music performers for four generations, he grew up listening to traditional music from an early age. He is master of a number of types of recorders, flutes, and whistles. He teaches folk music not only in Sweden but also in music schools in Finland, Norway, Denmark and Scandinavian countries. Since 2010, the “Folk Flute Academy Havero” summer course has been held at Havero Village. Received the 2018 Culture Award in recognition of the activity of "Reconstructing the hometown with music." 

  • Facebook

​from 大阪

Hajime Sakita

サキタハヂメ

作曲家・ミュージカルソー(のこぎり)奏者。【作曲家として】ドラマ、CM、舞台等の音楽を多数担当。2020秋からNHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の音楽も担当。【のこぎり奏者として】アメリカのミュージカルソーコンテストで2度優勝。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、でもコンサートツアーを行う等、国内外で精力的に活動。2018年夏エストニア、フィンランドでのツアーも大成功!既存の音楽の枠を超えた規模、発想での音楽表現を模索し続けているアーティスト。

A composer and musical saw player. [As a composer] In charge of many music such as dramas, commercials, and theater. He is also in charge of the music for the NHK morning series TV drama "Ochoyan" from the fall of 2020. [As a saw player] Won twice in American musical saw contests. Actively working in Japan and overseas, such as performing concert tours in Europe, America, and Asia. The tour in Estonia and Finland was a great success in the summer of 2018! An artist who continues to seek musical expression with a scale and idea that goes beyond the boundaries of existing music.

  • Facebook

​from ESTONIA

​Tuulikki Bartosik

トゥーリキ・バートシク

エストニア出身のアコーディオン奏者、作曲家。彼女の音楽は出身地であるエストニア・ブルマー地方の風景、空気感、自然にルーツを持つ作品が多い。また、これまでに出会った人々や場所からもインスピレーションを受け、縦横無尽に音楽に投影する。コンサートホールから野外フェスティバルに至るまで、どんな場所であろうとアコーディオンの音色を通して、彼女の音楽的想像力を伝える努力、方法を常に模索し続けている。

Her inspiration is rooted in her native Estonia’s Võrumaa region. Tuulikki draws creative energy from the people and places she encounters and seeks to capture this in her adven-turous music. Her musical imagination is expansive and bold exploring ways to adapt her accordion to different surroundings – from the concert hall to the open-air festival.

​from SWEDEN

Kolonien

コロニエン

伝統音楽を生活の一部とする音楽一家に生まれ育つ。コロニエンでは自身のルーツを楽器と歌声の両側面からスウェーデン的ハーモニーで贅沢に再構築。2010年、タンザニアのザンジバルフェスティバルに招待され、積み重ねてきた物事が現実的に形になり始める。その時に正式にバンドを結成し自分たちで曲を書くことを決める。
彼らは常に新しい方法と新しいつながりを模索し続けるという自分たちの信念を貫いている。

They grew up in the traditional music scene, deeply embedded in the family. As kolonien they reinvent their roots, both instrumentally and vocally with their rich Swedish harmonies. When they got invited to perform at a Zanzibar festival in Tanzania in 2010, things really started taking shape. From then they decided to start a band and write their own songs. They have constantly been following their ethos of always seeking new ways and new connections.

  • Facebook

​from 大阪

TINÖRKS

ティノークス

オーロラを夢みて2007年結成。 北欧エレクトロニカシーンに影響を受け自然をモチーフにした風景へ旅する音楽を制作。民族楽器と電子楽器を組み合わせた新しい音を作り国内外問わず活動。2015年フランス、ドイツ、ルクセンブルクにて演奏。自然と人との共生、心の余白や心象風景を表現することをテーマに音楽の可能性に未来を感じながら過ごす日々。

We formed at 2007 with a dream of northern lights. Our concept is to express symbiosis with nature, 
a space of people mind, and mental scenery.  And we always feel a positive future from possibilities of music.
Our music is inspired from the Nordic music scene, and we make songs to take a journey 
and these motifs are many nature landscapes.  Our style is a fusion of acoustic and electric instruments.
In 2015, we had some concerts in France, Germnay and Luxembourg.

  • Facebook

​from ESTONIA

​DUO RUUT

デュオ・ルート

Duo Ruut(Ruutとは四角形の意味)は異なる音楽背景を持つ友人同士で結成されたデュオ。2017年、カタリーナとアンは一つの楽器(エストニアの伝統楽器カンネル)を二人で抱え一緒に座り、向かい合わせで演奏する今のスタイルに辿り着く。 1台の楽器を2人同時に演奏することは、様々な制限を設けてしまうことにもなるため、Duo Ruutは想像力を働かせ、新しいエキサイティングなアイデアで自分達の音楽を詰め込むことに常にチャレンジしている。

Duo Ruut (Duo Square) is an intersection between two friends, but musicians of a fairly different background and taste.

In 2017, Katariina Kivi and Ann-Lisett Rebane found themselves sitting together, holding one Estonian zither. Composing on one instrument sets very narrow limits, so it became the main challenge for Duo Ruut to let their imagination out of the box and pack their music full of new and exciting ideas.

  • Facebook

from 大阪/兵庫

the caves × SHU

​the caves × SHU

自然が豊かな町で育った2人によるアコースティックユニット。ケイブスとハンドパン奏者のSHUによる 演奏旅が はじまる。2019年 4月7日結成。淡雪のように澄んだ歌声と 包容力のあるハンドパンの どこか 懐かしい音が あなたを いつかの 心象風景へ 。

An Acoustic Unit by two people raised in a town rich in nature. A performance trip begins by ARTIST Shoma Fujino as “the caves”and Handpan player “SHU”.  It was formed on April 7, 2019. With clear singing voice like light snow. And tolerance Handpan sound. Make nostalgic sound And it leads you. To the mental scenery of someday.

​from ESTONIA

VIIK

ヴィーク

エストニア出身のヴィークは2人のミュージシャンによるコラボレーションを通し、音楽的側面、創造性を一緒に作り上げているデュオ。 12弦のカンネル(エストニアの伝統楽器)とギターが新しい音楽の中で、ハーモニーや自己表現を求め絡み合う。 彼らの音楽は個人的な内面を反映したものが多く、旅行、日常生活、お祝い事など、その都度湧き上がる感情を表現しており聴き手をその世界へと誘う。

The instrumental band VIIK unites two musicians, who collaborate and bring their sound and creativity together. 12-string kannel and guitar meet on a quest for harmony and self-expression in newly composed music. Duo’s music is personal and reflects the authors' inner life, inviting the audience to be part of their journeys, every-day life, celebrations and all the emotions that come along.

  • Facebook

from SWEDEN

Tatsushi Toritani​

トリタニタツシ

スウェーデンの伝統楽器、ニッケルハルパ(鍵盤バイオリン)奏者。
全国のカフェ、ライブハウス、ホールなどで演奏活動を展開中。国内外のミュージシャンとの共演多数。海外での演奏も行っている。参加型野外イベント、『北欧の森音楽会』主催、学校公演、子供達へのワークショップ等、音楽を通じた交流、教育にも力を入れている。北欧諸国で撮影した写真を使ったトーク&ライブ『森の音を探す旅』を2018年よりスタート。2019年よりスウェーデンに留学中。

Traditional Swedish instrument, nickel harpa (keyboard violin) player.

Performing activities at cafes, live houses and halls all over Japan.

Many co-starring with domestic and foreign musicians. He also performs overseas. He sponsors a participatory outdoor event "Nordic Forest Concert". He started a talk & live "Journey to Find the Sound of the Forest" in 2018 using photos taken in Scandinavian countries. Studying in Sweden since 2019.

  • Facebook

​from ESTONIA

Mari Jürjens​​

​マリ・ユリエンス

マリ・ユリエンス(旧姓:マリ・ポキネン)1988年5月27日生まれ。エストニア・タルトゥ出身のシンガー・ソングライター、女優。 物心ついたころから歌を歌い、音楽を作ってきたという彼女は、幼い頃にヴァイオリンの勉強や合唱団にいた経験もある。 高校卒業後、エストニアのヴィルジャンディ文化科学院に入学し、演劇の勉強を始める。

2020年5月27日にニューシングル、10月10日にニューアルバムを発売する予定。

Mari Jürjens, née Mari Pokinen (born May 27, 1988), is an Estonian actress and singer.She graduated from the University of Tartu Viljandi Culture Academy in 2011 as a professional actress, and joined the Von Krahl Theatre in Tallinn.    She is going to release new single on May 27th, and also planning to release new album on 10th Oct.

  • Facebook

​from FINLAND

Okra Playground

オクラ・プレイグラウンド

カンテレやヨーヒッコなどのフィンランド伝統楽器と現代のエレクトロニカを融合し、独自のエレクトロフォークを確立。力強いボーカルハーモニー、ダイナミックサウンド、伝統的に伝わる歌詞、催眠的ビート、神秘的エネルギーにより、リスナーは音の世界を自由に行き来することになる。 2016年WOMEXで演奏して以来世界各国のフェスで演奏の幅を広げている。

Okra Playground plays genuine electro folk where ancient folk instruments kantele and bowed lyre coexist in a new symbiosis with modern instruments and soundscapes. Strong vocal harmonies, big sound, age-old lyrics, hypnotic beats and mystical energy take the listener to far-off places and close to home. In 2016 Okra Playground performed at WOMEX among the Official Showcase Selection. Since then the band has charmed audiences at Rainforest World Music Festival in Malaysia, Brosella Folk & Jazz Festival in Belgium, urban Flow Festival in Finland and Celtic Connections in Scotland to name a few. 

  • Facebook

​from 三重

Choji

チョージ

ピアノ、ギターを弾き、シンガーソングライターとして1997年より活動。全国の交流地域で、コンサート、テーマソング制作などを行う傍ら、2017年より、三重県津市美杉町に築150年の古民家と田んぼを持ち、「美杉・里山音楽舎」として、自然と共にある暮らしや営みと、そこに生まれる音楽というテーマで、新たな交流拠点を築いている。神奈川県横浜市出身。

Playing the piano and guitar, he has been active as s singer-songwriter since 1997. Perform concerts and theme song production in exchange areas throughout Japan. Since 2017, he lives in a 150-years-old folk house with rice field in Misugi-cho, Tsu City, Mie Prefecture. As a "Misugi / Satoyama Ongakusha", he is making a new exchange place with the theme of living with nature and the music born there. Born in Yokohama-city, Kanagawa.

  • Facebook

from 大阪/東京

Drakskip​

ドレクスキップ

『うねり、戯れ、疾走する』北欧インストバンド ドレクスキップ
北欧伝統音楽の新たな可能性を探求し、日本と北欧を結ぶ道の先を描くアコースティック・トリオ。そのサウンドは躍動的、時に前衛的でありながらもどこか懐かしい。北欧伝統楽器のニッケルハルパとハーディングフェーレ、そして12弦ギターという珍しい組み合わせから紡ぎだされる旋律は、土地や世代を超えて様々な人の共感を得ている。

"Swell, play, and sprint" Nordic instrumental band Drakskip.
An acoustic trio that explores new possibilities of traditional Scandinavian music and draws the new way between Japan and Northern Europe. Their sound is dynamic, sometimes avant-garde, but nostalgic.
The melody spun out from a rare combination of the Nordic traditional instrument Nickelharpa and Hardingfele, and a 12-string guitar has gained the sympathy of various people across the land and generations.

  • Facebook

​from NORWAY

Storm Weather Shanty Choir

ストームウェザーシャンティクワイア

今年で結成20周年を迎え、ロック・ポップス・メタル・フォークなど、幅広い音楽的背景を持つ6人
のメンバーで構成される。Storm Weather Shanty Choirの使命とは、忘れさられた伝統歌(舟歌)を復活させることにある。数十年、数百年前の船乗り達を思い、舟歌をパワフルに、ユーモアに、そして尊敬に値するものとして解釈し歌いあげる。グループ名が示すように、昔、帆船に乗っていた船乗りが出していたであろう全エネルギーと魂で音楽を届ける!

Storm Weather Shanty Choir celebrates its 20th anniversary in 2020! The choir counts six crewmembers, all of them with a broad musical background. The mission and main directive of Storm Weather Shanty Choir is to bring forth a forgotten song tradition. With the old true sailors in mind, we try to interpret the shanties with all the power, humour and respect they deserve. As our name reflects, we sing with all the power and soul we think they did onboard the sailing ships in the old days!

  • Facebook

from 兵庫

Yuko Oda

​織田 優子

大阪音楽大学音楽学部作曲学科楽理専攻卒業。在学中より古楽、北欧伝統音楽の分野で活躍。
これまでに数多くのレコーディングに参加。2008年~2014年、大阪音楽大学音楽学専攻助手。
また、ヨーラン・モンソンが故郷ハヴェロで主宰している「フォーク・フルート・アカデミー」日本支部の運営を任されている。リコーダーデュオ花笑みメンバー。

Master's degree in music composition of Osaka College of Music.
She has been active in the fields of ancient music and traditional Nordic music since she was a student. Participated in a number of recordings so far.  From 2008 to 2014, assistant professor of music studies at Osaka College of Music. She is in charge of managing the "Folk Flute Academy" Japan Chapter hosted by Göran Månsson in Sweden Havelo. Also she is a member of the recorder duo “Hanaemi”

  • Facebook

​from DENMARK

Jonas & Jørgen

​ヨナス&ヨーエン

デンマークの伝統音楽、伝統ダンス音楽を中心に演奏活動をするフィドルデュオ。演奏面の技術の高さ、レパートリーの幅広さにも定評がある。昨今は子供向け、ファミリー向けのコンサートやワークショップにも力を注ぎ、民族音楽の維持、復興、後進の育成にも務める。正統派伝統音楽後継者と目されることも多く、デンマークの伝統に敬意を表しながらも幅広い音楽表現を目指す彼らは「維持と革新」を上手く使い分けている稀有な存在とも言える。

A fiddle duo that performs mainly Danish traditional music and traditional dance music.

They have a good reputation for their skill in playing and wide repertoire. Recently they have also been focusing on concerts and workshops for children and families, maintaining and recreating folk music, and fostering the next generation.  It is often seen as a successor to orthodox traditional music, and while paying homage to the Danish tradition, they are aiming for a wide range of musical expressions, and it can be said that they are rare existences who successfully use "maintenance and innovation"

​from 大阪

Hidenori Omori

大森 ヒデノリ

フィドル、ニッケルハルパ奏者。関西学院大学文学部美学科卒後、ダンスリールネサンス合奏団のフィーデル奏者として中世・ルネサンス古楽を演奏。その後スウェーデン伝統音楽に傾倒。2007年にアルバム『白夜弦想』をリリース。以降、長きにわたり国内でのコンサートやレコーディングの現場で活躍を続けている。また、スウェーデン伝統舞踊の伴奏者としても定評がある。

Fiddle, nyckelhalpa player. After graduating from Kwansei Gakuin University Faculty of Literature, he played the Medieval Renaissance Early Music as a Fiedel player of DANCERIES. After that, he focused on Swedish traditional music. Released the album "Polskor från Fjärran Östern" in 2007. Since then, he has been active in domestic concerts and recordings for many years. He also has a good reputation as an accompaniment of Swedish traditional dance.

  • Facebook

​from ESTONIA

Puuluup

プーループ

らも(Ramo Teder) と まるこ(Marko Veisson)によるデュオ「プーループ Puuluup」
エストニアの伝統楽器タルハルパ(ヒーウカンネル)を使い、新しいエッセンス、エフェクターやルーパーを使い唯一無二の音楽制作をしている。これぞエストニアンスタイルと言える音楽。
楽器そのものが持つ自然な音と、その場その場で作り上げられて行く電子的なサウンドのコラボレーションがたった2人から幾重にも重なって演奏される。


The duo "Puuluup" by Ramo Teder and Marko Veisson.
Using the traditional Estonian musical instrument Talharpa (Hieukannell), they create new and unique music by

incorporating new essences, effectors and loopers into traditional musical instruments.
The collaboration between the natural sounds of the instrument itself and the electronic sounds that are created on the spot will be played in layers by only two people.

  • Instagram
  • bandcamp
  • Spotify

from 大阪/兵庫

hatao&nami

ハタオ&ナミ

ケルト〜北欧の笛奏者hataoとハープ、ピアノ奏者のnamiが2011年に結成したデュオ。アイルランド、スコットランド、ブルターニュなどケルト地域〜から北欧までの伝統音楽とオリジナル音楽を透明感溢れる音楽性で描き、全国各地を訪れコンサートを展開。これまでに3枚のCDを発売、今年5月4thCD”5分間の魔法”を発表。台湾、韓国、ノルウェー、フランスでもライブツアーを行っている。

hatao & nami DUO Wooden flute, whistle, Celtic harp, piano and more....A flute and harp duo - flutist Hatao and harpist Nami. Both are professional musicias with long careers and having made a large impact on Japan’s Celtic and Nordic traditional music scene. They have collaborated musically since 2011. Together, they have composed original tunes and recorded 4 albums. hatao &nami toured in East Asia,Norway and France.

Audiences will be spellbound and enchanted by their unique music that is rich with imagination.

​from FINLAND

Juurakko

​ユーラッコ

Juurakkoは、フィンランド人、アフリカ系アメリカ人がそれぞれルーツに持つ音楽を、鮮やかな歌い回し、洒落たスキッフル(音楽)に合わせ、新しく愉快な音楽の組み合わせにチャレンジしている。彼女達がフィンランドで歌うアメリカ発祥のブルースは、カンテレ、ハーモニウム、ヨウヒッコ、シガーボックスギター、コーヒーマグカップ、スーツケースなど、ありとあらゆる音の鳴るものを取り入れ新たな音楽として表現している。フィンランド民族音楽アワード2020のアーティストオブザイヤーに選出される。
 

Juurakko offers a delightful combination of Finnish and Afro-American roots music with vivid storytelling and rakish skiffle spirit. Highly skilled blues singing in Finnish is combined with many exotic instruments like kantele, harmonium, bowed lyre, cigar box guitar, a coffee mug and a suitcase. Juurakko was selected as the Artist of the Year at Finnish Ethno Awards in 2020.

​from ESTONIA

Erki Pärnoja

エルキ・パルンオヤ

エストニア人シンガーソングライター、マルチ楽器奏者。本国エストニアではポップスバンド「Ewert」「The Two Dragons」のギタリストとして知られている。ギターカッティングとシンセサイザーの融合、北欧テイスト、独特のギターリフ、映画のようなサウンド、バンドとしてのパフォーマンスには特に定評がある。2017年タリンミュージックウィークでは「アーティスト賞」受賞。2018年エストニアミュージックアワードでは「男性アーティスト賞」「年間最優秀オルタナティブ/インディアルバム賞」を受賞。

Estonian songwriter and multi-instrumentalist. Well known for his work as the guitarist of Estonian art-pop group Ewert and The Two Dragons.  Ethereal grieving synthesizer sounds that blend with a distinctive cutting guitar sound, his unique Nordic touch, impressionist guitar riffs, film-like soundscapes and powerful performance of the whole band granted him the Artist Award at the 2017 Tallinn Music Week. He is also received the male artist of the year and alternative/indie album of the year at Estonian Music Awards 2018.

  • Facebook
  • Instagram

​from FINLAND

VIMMA

ヴィンマ

北欧民謡とプログレッシブロックを組み合わせた若いアートポップバンド。曲に対する自由な解釈、即興演奏、独特のアレンジで迫力のあるサウンドメイクを行う。「ヴィンマ」とは、そもそもの意味はフィンランド語で怒りと興奮を表しているが、ここでは観客と社会的にも環境的にもより良い未来、ユートピアをイメージし、実現して行くことへの熱意や情熱を表す意味で使用している。2020年のフィンランド民族音楽賞で新人賞受賞。

VIMMA is a young art-pop ensemble combining Nordic folk with progressive rock. VIMMA creates a massive sound with specific arrangements while also leaving space for artistic interpretation and improvisation. “Vimma” is a Finnish word for furor and excitement that represents the artists’ passion for imagining utopian worlds and awakening their audiences to bring about change for a more sustainable future. VIMMA was selected as The Newcomer Of The Year at the Finnish Ethno Awards in 2020.

  • Facebook

​from 兵庫

Miwa Horio 

​ほりおみわ

うたうたい。ヴォイスパフォーマー。 兵庫県出身。 日本語の響に惹かれ、Jazzやケルト、北欧の歌を日本語意訳し表現する事を始める。2012年に発表されたソロアルバム“PONYTAIL”は11曲中10曲のJazzスタンダードを意訳、ギタリスト吉田次郎氏をプロデューサーに迎え歌詞に合わせPopsにアレンジ。原曲をリスペクトしながらも独自の解釈をうまく取り入れ、メロディの流れを壊さない言葉の連なりは多方面から好評を得る。

Singer. Voice performer. Born in Hyogo prefecture.She was attracted to the sound of Japanese and began to translate and express Jazz, Celtic, and Nordic songs in Japanese. Guitarist Mr. Jiro Yoshida participated as a producer in the solo album "PONYTAIL" released in 2012. The Jazz standard of 10 songs out of 11 songs is translated and arranged in Pops according to the lyrics. Respecting the original song, it successfully incorporates its own interpretation, and the string of words that does not disrupt the flow of the melody is well received in many ways.

  • Facebook

​from FINLAND

Karoliina Kantelinen

カロリーナ・カンテリネン

さまざまなスタイルの民族歌、歌唱法を専門とするヘルシンキ出身の歌手、民族音楽学者。彼女の博士論文は、白(ビエナ)カレリア(白海沿岸)に伝わる、伝統的ヨイクについて研究、書かれている。現在、芸術大学で民謡を中心に教鞭を取っている。またシベリウスアカデミーの民俗学科で芸術博士号を取得している。

Karoliina Kantelinen is a singer and an ethnomusicologist from Helsinki who specializes in different ethnic singing styles. Her doctoral dissertation is on the old yoik tradition from White (Viena) Karelia. She currently teaches folk singing at the University of Arts.

At this moment Karoliina is finishing her artistic doctoral studies at the Department of Folk Music in Sibelius-Academy.

  • Facebook

​from 大阪/京都

andonsha

行灯社 ​

ちえみ:フルート、みほ:ハープ&うた。アイルランドの吟遊詩人が残した曲やイングランドの伝承歌、スウェーデンに伝わるダンス曲、少し前の日本語の歌など、心惹かれた音楽をシンプルなアレンジで演奏する。いつの間にか合奏していた姉と妹によるユニット。2010年3月より活動開始。フルートと小さなハープの行灯社。


andonsha was formed in 2010 by Miho(harp&voice) and Chiemi(flute), sisters from Osaka, Japan.
They select pieces among their favourite music such as Irish and Swedish folk tunes and Japanese and English songs and perform them with simple arrangement

​from ESTONIA

Maarja Nuut

マイヤ・ヌット

エストニア出身の歌手、バイオリニスト、エレクトロニックアーティスト、作曲家。インドのニューデリーではヒンドゥスターニのクラシック音楽を学び、エストニアのアーカイブ音源やダンスの探求、民族音楽学の研究、そして近年はループと電子音とその活動は幅広い。このような知的好奇心、音楽への探求心は、内面から生まれ来る必要性と、各世界の音楽の言語、技術、表現の質を探求したいという自身の本能と好奇心に刺激され、生まれ来る願望によるもの。彼女は自身を芸術に渦巻くイチ要素として捉えている。

Maarja Nuut is a singer, violinist, electronic artist, and composer whose work spans a vast range of musical worlds. Hindustani classical music while studying in New Delhi, Estonian archive sounds and dance, ethnomusicological research, and, more recently, the outer limits of looping and electronic sounds. Fuelled by her instincts and curiosity, such exploration comes from an inner need, and a desire to probe each world’s musical language, techniques, and expressional qualities – elements she swirls into her own, mesmerising art.

  • Facebook

​from 東京

Emy Sakai

酒井 絵美

東京藝術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科音楽文化学専攻(音楽民族学)修了。
レバノンにてアラブ音楽理論とアラブ・ヴァイオリン奏法を学ぶ。現在はノルウェーに定期的に滞在し、ハーディングフェーレ国際マスタークラスに参加、演奏会や国営テレビNRKに出演するなど、地域を広げてフィドル奏法の調査・研究・演奏を行っている。参加ユニットは「ノルカルTOKYO」「Tolker」「きゃめる」「tipsipúca」「Voice of the Nile Club」「5años」など。


"Emy Sakai is one of the most talented musicians we can meet today. Not only musically, but she is also studying music scientifically." by TEDxUtokyo. She got her bachelor's degree in 2012 from Tokyo University of the Arts, majoring in Musicology, and also completing a master's study from the same university. She is studying Arabic music theory and rendition style by Nidaa Abu Mrad and Mustafa Said and also studying traditional Norwegian instrument, Hardanger fiddle with Knut Hamre et al.

  • Facebook
  • Twitter

​from 兵庫

UZMANIBU

ウズマニーブ 

2014年結成。バルト三国真ん中の国、ラトビア共和国に伝わる伝統音楽を演奏する日本初のアンサンブル。ラトビア人の日々の暮らしの中で生まれ、伝わってきた素朴で心に沁みる民謡を奏でている。

普段は溝口明子(クアクレ)、秦進一(ヴァイオリン)、Aki(パーカッション)の3名で活動中。

Formed in 2014. The first ensemble in Japan to play traditional music from the Republic of Latvia.We are playing the simple and heartfelt folk songs that were born and have been passed down in the daily life of Latvian people.

Akiko Mizoguchi - Kokle, Shinichi Hada - Violin, Aki - Percussion

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

from 東京

Aya Owatari

尾渡 文

複合アーティスト。大阪生まれ、東京在住。3歳よりピアノを始める。作曲のピアノ演奏を含む、インスタレーション展をベルリンにて多く手がける。現在は、フィンランド文化に深く関わり、視覚伝達、また自作の詩や絵本の朗読など文学の分野でも活動中。作詞作曲の曲では、日本語、フィンランド語、英語の歌詞で弾き語る​。

Multi-discipline artist, Aya Owatari was born in Osaka, currently lives in Tokyo,
She started playing piano at the age of three. She has exhibited her installations at galleries and art space in Berlin, including piano performances of her original compositions. Currently, she is deeply connected with Finnish culture, and active in the visual communication field and literature, writing and reading poetry and making picture books. Her songs and compositions include lyrics written in Japanese, Finnish and English.

​from USA (NY)

Dalius Naujokaitis

​ダリウス・ナウヨカイティス

80年代にリトアニアのロックやジャズの世界で活動したのち、90年代半ば以降はニューヨークに拠点を移し、前衛音楽/アート・シーンで活躍してきたドラマーだが、彼の表現の核は常に祖国の伝統音楽である。ジョン・ゾーンのレーベルから発表したアルバムは左のセン・スヴァヤもゲスト参加し、伝統音楽と前衛ジャズの融合を図っている。

<TRASITより /文:松山晋也>

A drummer who has been active in the rock and jazz world of Lithuania in the 1980s and moved to New York since the mid-90s and has been active in the avant-garde music / art scene, but the core of his expression is always the traditional music of his homeland Lithuania.The album released by John Zorn's label also includes Sen Suvaya as a guest, aiming to fuse traditional music with avant-garde jazz. <From TRASIT / Text: Shinya Matsuyama>

  • Facebook

​from 東京

​​Yusaku Tsuchiya

土屋 雄作

作編曲家、ヴァイオリニスト。1982年9月29日東京生まれ。幼少期は日本の伝統芸能である能の子方として活動。SIBERIAN NEWSPAPERやCasanova Stringsなど、数々のバンド活動を経て、現在はその多彩な音楽性を活かし、新感覚・音楽朗読劇SOUND THEATREをはじめ、舞台、アニメ、映像などの様々な音楽制作を手がける。演奏家としては2014年に尺八、太鼓奏者等と共にALIAKEを結成。2018年エストニア音楽祭ではSIBERIAN NEWSPAPERが再結成を果たし話題となる。

Violinist and composer. Born in Tokyo on September 29, 1982. During his childhood, he was active as a child actor of traditional Japanese performing art Noh.  After many band activities such as SIBERIAN NEW SPAPER and Casanova Strings, he makes use of his various musicality, and currently making a lot of music productions, including new sense and music reading SOUND THEATER, stage, animation, video, etc.

As a performer, he formed ALIAKE in 2014 with shakuhachi and drum(taiko) players. At the 2018 Estonian Music Festival, SIBERIAN NEWSPAPER got together again and became a hot topic.

  • Facebook

​from LATVIA

Tautumeitas

タウトゥメイタス

2015年に結成されたラトビアの民謡/ワールドミュージックグループ。6人の女性ヴォーカリスト兼、楽器演奏者で構成される。彼女達のルーツにはラトビアの伝統歌、伝統歌唱法があり、タウトゥメイタスは伝統的歌唱法を更に昇華したものにしようと試みている。音楽を通してこの世界で聞いて感じたすべてのものと絡み合い、テクニックとしてではなく、自身から自然にアウトプットされるものとして音楽と向き合っている。声と五感に訴える楽器を用い、ラトビア民謡に感性、時間、空間の概念を取り入れ独自の世界観を生み出している。

Tautumeitas is a Latvian folk/world music band formed in 2015. The band consists of 6 women vocalists and instrumentalists. They started with traditional singing and tried to echo the traditional chanters. The closer they got to songs, the closer the songs got to them, until it seemed natural to intertwine it with everything that they had heard and felt in this world as their own. Now they play folk songs using voices and timbrally appealing instruments to involve in the sound their senses and notions of time and space.

​from 大阪

u-full

ウフル

アコーディオン&ボーカル・寺田侑加(yuka)と、ギター・フナハシダイチによるアコースティックユニット。 自由な発想から生まれた楽曲は、歌ものからインストゥルメンタルまで幅広く展開し、ヨーロッパ、北欧、北アフリカ、アジアなど世界の伝統音楽を始めとした様々なジャンルの音楽を取り込んでu-fullの世界観を表現している。 現在までにオリジナルアルバムを5枚、今年1月にはニューEP「The Lake」をリリースした。

u-full DUO Vocal&Accordion/ YUKA Gt/ DAICHI FUNAHASHI Music we create have expanded into a wide range from singing to instrumental, incorporating various genres of music, including traditional music of the world such as Scandinavia, Europe, North Africa, Asia, etc. Five albums and new EP "The Lake" have released so far.

  • Facebook
  • Twitter

from Finland

Päivi Hirvonen

パイヴィ・ヒルヴォネン

バイオリン、歌声、フィンランドの伝統楽器ヨウヒッコを取り入れ、Päivi Hirvonenは物語性、情感豊かな音楽を生み出す。力強い声、巧みな楽器演奏、カリスマ的なパフォーマンスは、彼女の楽曲中に独特な方法で取り入れられ、垣間見ることができる。 ソロデビューアルバム「Alku – The Beginning」は、2018年1月にドイツのレーベルNordic Notesからリリースされ、Emma Awardで、フィンランドのベスト民族音楽アルバムオブザイヤーにノミネートされた。
 

The dialogue between fiddle, voice and bowed lyre – with this instrumentation Päivi Hirvonen creates music that is filled with stories and strong emotions. Päivi’s strong voice, skillful fiddling and charismatic performing are brought together in her music in a unique way. Päivi’s debut solo album Alku – The Beginning  was released on January 2018 by the German label Nordic Notes and nominated for the prestigious Emma Award for the Best Ethno Album of the Year in Finland.

​from ESTONIA

TRAD. ATTACK!

トラッド・アタック!

Trad.Attack!は、エストニアの音楽シーンに革新と革命を巻き起こしてきたと言っても過言ではない。これまでベストバンド賞、ベストアルバム賞など21にも及ぶ数々の受賞数がそれを物語っている。Trad.Attack!は音楽に対する壮大な野望を実現させつつ、「世界のあらゆる国々でコンサートを行う!」という結成当初のプランをこれからも追い求めて行くつもりだ。

In Estonia, Trad.Attack! blasted into the scene and has been revolutionising it ever since. Having won a whopping 21 music awards, including best band and best album.

While realising their huge musical ambition, Trad.Attack! also pursues a masterplan – to play live in every country of the world.

  • Facebook

from Latvia

Saucējas

​サウツェーヤス

ラトビア文化アカデミーの伝統歌唱グループ。結成から15年の間ラトビア民族歌唱のスタイルとテクニックを学び、昇華することでグループ全体として結束を強める。
特筆すべき点として、伝統的歌唱法の一つであるマルチパート歌唱に重点を置いている。
大きく分類するとラトビアの3地域で記録されている様々なタイプのラトビア伝統歌をレパートリーとして持つ。

The singers of Saucējas, the traditional singing group of the Latvian Academy of Culture, have been united by a common goal for the past 15 years - to learn and promote styles and techniques of Latvian ethnographic singing, with special emphasis on local multipart singing traditions. The repertoire of the group contains various types of Latvian traditional singing, as they have been documented in three Latvian regions.

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

​from 大阪

Gyokusyusai Tamada

​玉田 玉秀斎

2001年11月 旭堂小南陵(現・四代目南陵)に入門。ブラジルにてポルトガル語講談、アメリカ・ボストンにて英語講談、上海にて中国語講談など各国で講談を行う。近年はジャズ講談など音楽とのコラボレーションも大好評。
2016年11月 四代目玉田玉秀斎を襲名し現在に至る。

November 2001, he became a disciple of Kyokudo Konanryo (now the 4th Nanryo).

He did storytelling in various countries, such as Portuguese talks in Brazil, English talks in Boston, USA, Chinese talks in Shanghai, etc. In recent years, collaboration with music such as jazz with storytelling has also been very popular. In November 2016, he succeeded to the name of "Tamada Gyokushusai", the 4th generation.

​from Lithuania

Agota Zdanavičiūtė

アゴタ・ズダナヴィチューテ ​

幼少期よりリトアニアの民間伝承歌を通して音楽に親しむ。と同時にリトアニアの伝統楽器とその音楽に出会う。後に伝統楽器を従来とは違った角度から演奏する方法に気気付き、2006年からその魅力の虜となる。「SEN SVAJA」と「LAIMINGUO」に所属し両グループで活動の幅を広げている。2017年からはソロアーティストとしても活動中。

The connection with music started developing from Lithuanian folklore back in the childhood years.

It was then when she first encountered zither and its music. However, later Agota discovered zither in a new way and in 2006 dived into its magic. She started her music career performing Lithuanian, later songs from other countries, with the group "SEN SVAJA" and the forklore project "LAIMINGUO" and is still an active member of them both. Also she started her solo career from 2017.

​from 奈良

Michiko Honda

​​本田 倫子

伝統音楽を学ぶためスウェーデンへ幾度も訪れ、国立民俗音楽センター、エリック・サルストレム・インスティテュートにて総合的に学ぶ。スウェーデンにおける伝統音楽奏者の認定試験「ソーンメルケ」のブロンズ取得。伝統音楽の歴史背景についても造詣が深く、10年以上ブログを執筆。ソロをはじめ、ハーディングフェーレやフィドルなどの小編成で活動。ミニアルバム"Nyckelharps låtar"、"Spel och Dans Osaka"共催。

Nyckelharpa player fascinated in Swedish folk music and its culture.

Learned in Dalarna, Hälsingland with fiddle, and in Uppland with nyckelharpa.  Experiences at Eric Sahlström Institutet gave a great impact on her life work. Solo/duo performance with fiddle/hardingfele etc. “Spel och Dans Osaka” co-organized.

  • Facebook

​from ESTONIA

TRIO Soon/Piho/Lepasson

トリオ・ソーン・ピポ・レパソン

エストニアの民俗楽器カンネルの歴史的かつ現代的な演奏に特化したトリオ(Katrin Soon、Ann Maria Piho、Kadri Lepasson)。穏やかなリズム、倍音の響き、反復するメロディーが、明るく親しみやすい世界観を生み出し、日常の慌ただしさを忘れさせてくれる。「そっと触れるだけで壊れそう」と彼女達の音楽が表現されることもある。

TRIO Soon/Piho/Lepasson are a group of three kannel players (Katrin Soon, Ann Maria Piho and Kadri Lepasson), dedicated to historical and contemporary playing techniques of this ancient Estonian folk instrument. Gentle beat, game of overtones and repetitive melodic patterns create an intimate, light and bright soundscape, that offers calmness in the everyday rush. “Confidently fragile,” has been said to describe their music.

  • Facebook

​from 栃木

Masato A. & Yumie K.

安生正人 & 櫛谷結実枝 ​

安生正人&櫛谷結実枝 栃木県在住のギタリスト安生正人とフィドル奏者櫛谷結実枝のデュオ。 北欧の伝統音楽とそれに影響を受けたオリジナル曲を演奏。 風景が見える音楽を目指している。

Masato Anjo & Yumie Kushitani Guitar & fiddle duo from Tochigi,Japan. Guitarist Masato Anjo,fiddler Yumie Kushitani,they play nordic folk music and their originals that show beautiful scenery.

​from 北海道

Hiroko Ara

あらひろこ

フィンランドの伝統楽器カンテレの演奏者、コンポーザー。カンテレの繊細な音色を活かして紡がれる演奏は、北欧や北海道の風景を思わせる。2013年、第2回国際カンテレ・コンペティションに馬頭琴の嵯峨治彦とのデュオRAUMAで出場し、プロフェッショナル部門2位、マルティ・ポケラ賞。RAUMAのアルバム「深い海」はフィンランドでカンテレアルバムオブザイヤー2019を受賞。北海道在住。

Kantele musician, composer
2nd.prize of professional category at international kantele competition on 2013. 
Her duo RAUMA's CD " Deep Ocean" was chosen as "kantele album of the year 2019" in Finland.
Her music with fantastic kantele sound reminds of beautiful nature of Finland or her home land Hokkaido.

​from ESTONIA

Sofie & Leanne

​ソフィー&レアンネ

ソフィー・メイヤー:デンマーク出身のヴァイオリン奏者であり、作曲家。デンマークの伝統音楽が今も尚、強く残る西海岸にあるファノという小さな島で生まれ育つ。
レアンネ・バルボ:エストニア出身のミュージシャン、ダンサー。エストニアンバグパイプ、エストニアの伝統弦楽器カンネル、口琴、角笛など種々様々な楽器を演奏可能。
このデュオではデンマークの伝統音楽をメインレパートリーとしており、伝統的なサウンドを探し求めている。

Sofie is a Danish violin player and composer. She grew up on Fano, a small Island on the Danish west coast, known for having a strong living folk music tradition.
Leanne is Estonian folk musician and also a dance musician. She is playing mainly Estonian bagpipes (Torupill) and a type of Estonian psaltery called Kannel and several other instruments (jew’s harp, goathorn, whistle).
This duo is playing Danish folk music with the aim of finding a sound of tradition. 

​from 東京

Sizzle Ohtaka

おおたか静流

​東京都出身。映像、絵画、朗読、ダンスとのコラボレーション等、ジャンルや国境を越えた音楽活動を幅広く展開している。即興のワークショップ「声のお絵描き」を主宰。NHK Eテレのテレビ番組「にほんごであそぼ」にレギュラー出演中。2004年エストニアで開かれた「歌と踊りの祭典」に日本人として初参加。2012年北欧の音楽ピクニックにも「トロムソ・クンストフォーシニング」として参加。

Born in Tokyo. Sizzle’s music career has spun beyond genres and geographical borders. Also Sizzle leads improvisation workshops called, “Voice Drawing” and regularly appears in “Nihongo de Asobo” on NHK’s (Japan Broadcasting Corporation) Educational Channel. For the first time as a Japanese, participated in the "Song and Dance Festival(Paulupidu)" held in Estonia in 2004. In 2012, she participated in the Nordic music picnic as "Tromso Kunstforening".

  • Facebook

​from FINLAND

Kardemimmit

カルデミンミット

マイヤ・ポケラ、ユッタ・ラーメル、アンナ・ヴェゲリウス、レーニ・ヴェゲリウスで構成され、フィンランドの伝統楽器カンテレを演奏する4人の女性グループ。それぞれが作詞、作曲、アレンジを担当し、セルフプロデュースを行う。15弦、38弦のカンテレを巧みに操り、フィンランド、東ヨーロッパ、スカンジナビアの伝統を大切にしながらもモダンなアプローチを施す音楽は一聴の価値あり。2020年後半に来日予定。

Kardemimmit is a band of four awesome women playing the Finnish national instrument, kantele. The band members are Maija Pokela, Jutta Rahmel, Anna Wegelius and Leeni Wegelius. Kardemimmit is in charge of their own music – they compose, as well as arrange, write lyrics and produce. Alongside 15 and 38 stringed kanteles, singing has a big part in Kardemimmit’s musical universe where original pieces with a modern approach still have a strong foundation in Finnish, Eastern European and Scandinavian traditions.

  • Facebook
  • Twitter

​from SWEDEN

​Kraja

クラヤ

スウェーデン出身の女性アカペラ4人組。独特のバランスで緻密に作りあげられた4人の歌声が美しくブレンドされ1つの歌声となって響き渡る。瞑想的かつ感動的そして詩的な独自の世界観を構築。17年以上に渡り世界中のステージに立ち、これまで4枚のアルバムがスウェーデンのグラミー賞にノミネートされている。国際的な音楽シーンで最も成功したスウェーデンの伝統音楽グループの1つと言える。

6月にはデジタル配信音源でミニアルバム「SOMMAR」をリリース予定。

With a unique consistency and precision, four individual voices blend together as a single entity. Kraja have created their own musical universe: meditative, touching and poetic. After more than 17 years together on stages all over the world, four albums and a nomination for a Swedish Grammy, Kraja have become one of the most successful Swedish folk bands on the international music scene. In June, they are going to release the EP album "SOMMAR" on digital platform.

  • Facebook

​from 東京

Mai Fukui

​福井 麻衣

幼少期をスウェーデンで過ごし、ハープに巡り合う。パリ国立高等音楽院修士課程を首席で卒業。パリ国際ハープ・コンクールにて日本人初の優